日経読みのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 改憲以前に現憲法完全履行を(5月3日付朝刊社説「改憲の実現にはまず環境整備を」に思う)

<<   作成日時 : 2018/05/03 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

憲法記念日ということで、1面に憲法改正の賛否についての世論調査結果が掲載されている。一時は改正すべきとの意見が多数だったが、特に9条の改憲に前のめりな安倍内閣が誕生して以降、国民が警戒して「現状維持」を選択するようになった。賢明な選択である。
社説では前向きの改憲論議が進んでいない現状を認めつつ、まずは環境整備のために国民投票の仕組みを再検討することを求めているが、どうもピンとこない。憲法審査会を再起動するためと称しているが、憲法審査会が進まないのは、国民大多数が改憲が政治の優先事項と思っていないからであって、策を弄して無理やり再起動するのは感心しない。しかも憲法の問題に関していえば、現憲法の条文に不都合なところがあるという以前に、現憲法の根幹のひとつである「健康で文化的な最低限度の生活」が国民に保障されていないことなど、つまり現憲法がちゃんと行われていない点を何とかするのが焦眉の急である。いくら憲法の条文を磨き上げても、実行しない憲法は意味がない。まず誰もが必要と思う憲法の条文を完全に実行することから始めるのが筋ではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
改憲以前に現憲法完全履行を(5月3日付朝刊社説「改憲の実現にはまず環境整備を」に思う) 日経読みのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる