日経読みのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 輸入規制より危険な個別企業制裁(5月9日付朝刊6面「米の企業制裁の威力と問題点」に思う)

<<   作成日時 : 2018/05/09 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日の1面では、中国の通信機器大手ZTEが、米国の経済制裁によって部品調達が困難となり、スマホの販売停止に追い込まれていると報道されている。6面の記事は、同じように制裁を受けたロシアのアルミ企業ルサールも株価が56%下落し売買もできないとか、資金調達でも困難に陥っていると報じている。かたや北朝鮮・イランとの取引、かたや対ロ制裁の一環と、理由は異なるが、ある意味で鉄やアルミの輸入規制以上の制裁威力に、世界の企業は背筋に冷たいものが走ったのではないか。輸入規制なら、違う市場を見つけることもできるし、ほとぼりが冷めるのを待つことも可能だが、個別企業の狙い撃ちは、まさに死活問題だ。折しもトランプ政権はイランとの核合意からの離脱を表明し、大規模な経済性を準備していると発表した。日本企業もイランとの取引に当たっては、米国の顔色をうかがいながら、おっかなびっくりで進めているが、この傾向は一層強まるだろう。世界貿易縮小の連鎖が懸念されるが、中長期的には、制裁に利用される米ドル取引から企業が離脱を図ることを通じて、米国の地位低下に拍車をかけかねないという副作用があることを、トランプ大統領はどこまで認識しているだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
輸入規制より危険な個別企業制裁(5月9日付朝刊6面「米の企業制裁の威力と問題点」に思う) 日経読みのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる