日経読みのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS このままでは大変なことになる(6月9日付朝刊15面「協調期待できぬ次の世界不況」に思う)

<<   作成日時 : 2018/06/09 16:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カナダでG7が始まる。自己中心的な貿易制限措置を乱発するアメリカと、それ以外の国々に分裂し、G6対米国の貿易戦争になりかねない状況だ。本日の大機小機では、現在のところ世界的に景気が順調だから問題が顕在化しにくいが、遠くない将来に世界が景気後退局面を迎える時が試練の時と指摘している。まさにその通りで、今日の世界各国の協調体制の柱となる、国連、国際通貨基金、WTO、世界銀行などの国際機関は、経済的な対立が世界大戦に至った経験を踏まえて、第二次世界大戦後に形成された国際政治経済秩序が源流となっている。トランプ大統領はこれら国際機関の機能をことごとく否定し、二国間の個別交渉で、力比べで物事を決めていこうというスタンスだが、それこそが第二次世界大戦を引き起こした、力の論理による外交、古いタイプの外交手法だ。大機小機がもうひとつ指摘するように、主要各国政府と中央銀行は、これまでの景気対策で財政的に疲弊し、個々には不況への対応能力が低下している。だからこそ世界的な協調が必要なのだが、それがトランプ政権による攪乱で、十分にできないとしたら、それこそ恐ろしいことになる。そうした危険の芽は、一刻も早く摘む必要があるのだが、どうすれば可能なのか。とりあえずはG7の議論に注目したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
このままでは大変なことになる(6月9日付朝刊15面「協調期待できぬ次の世界不況」に思う) 日経読みのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる