大企業だけが元気になっても (8月22日付朝刊15面 大機小機「大企業を元気にしよう」を読んで)

ここではアベノミクスの第3の矢の施策について、ベンチャー企業育成のみならず日本経済の中で圧倒的存在感を持つ大企業を支援することの重要性が主張されている。日本経済における大企業の重要性に異論は無いが、輸出型大企業中心の経済発展が限界に達したことが今日の経済的低迷の原因の一端ではないのか。しかも大企業の利益水準や内部留保は歴史的にも最高水準にあるにも拘わらず、下請けや関連の中小企業に繁栄が波及しないことによる経済格差や、大企業が反映しても労働者の所得は十数年も減り続けるという異常な事態。この構造にこそメスを入れないと何も変わらないばかりか、ますます格差拡大を助長することになりうかねないと思うのだが、如何だろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック