アベノミクスの恩恵はまだ大企業どまり(12月30日付朝刊10面サーベイ「景気回復『実感ない』78%」

この1年で日経平均株価は約5割上昇、企業業績も増収増益の好決算が目立ち、アベノミクスの成果で2013年は景気回復の兆しがうかがえるとさかんに言われているが、個人の生活までその恩恵が及んでいるのか?この問いに対する厳しい結果がサーベイ欄で報道されている。景気回復を生活実感レベルで感じられた人は「どちらかといえばできた」を合わせても14%にとどまり、実感できなかった派が78%に上っている。過去1年での収入や資産の増減も、変わらないが46%で最も多く、増えたのは16%、残る38%が減ったとの回答だった。
アベノミクスの成果が盛んに報道されているが、これから見ると多分に雰囲気的なもので、持続的な経済成長にはまだつながっていない可能性が高い。円安の恩恵を真っ先に大きく受けるのは輸出を主なビジネスとする大企業だし、株高の効果もそもそも株を持っていなければ享受できない。このまま来春消費税が上がれば、収入は上がらない状況下で、支出だけが増加を余儀なくされる最悪の事態も考えられる。
首相は機密保護法の成立や普天間の移転問題、靖国参拝で強引な手法を使っているが、賃上げなど国民が広く利益を享受できることにこそ強権を発動してもらいたいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック