同盟国を盗聴する国なんか信頼できる?(8月5日付夕刊1面「米、盗聴疑惑で陳謝」に思う)

ウィキリークスが、米国が日本政府要人の電話を盗聴していると公表したことに対して、米副大統領が安倍首相に電話で陳謝した。事実は認めていないようだが、陳謝する以上はシロということはあり得まい。同盟国と頼りにして、日本が直接攻撃されなくても、共同作戦をしましょうと身も心も捧げている米国からこんな仕打ちをされてまで安保法案は必要なのか。首相は胸に手を当ててよく考えてほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック