時代錯誤の自民改憲草案(5月1日付朝刊12面「自民改憲草案を読む」にあきれる)

安倍首相は改憲やるぞと意気込んでいるけれど、自民党の改憲草案はとってもおそまつ。記事の最後に青井学習委員大学大学院教授のコメントに「立憲主義に基づく憲法といねない」とあるが、専門家に見てもらうまでもなく時代錯誤。国家権力の無法からどう国民の権利を守るかということで近代憲法が生まれたのに、この改憲草案は国民は国のためにこうあれと押し付けている。こんな憲法になったたら、中世の暗黒時代のような、とっても窮屈な国ができあがってしまう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック