改憲の前にやるべきことは山積(5月4日付朝刊1面「首相『改憲、20年に施行』」に思う)

ついに安倍首相が公式に改憲の内容と時期を表明した。内閣と自民党への高支持率と、野党第一党民進党のふがいなさを見て、今だとばかり前のめりになってきた感じだ。しかも世論の圧倒的な支持を受けている9条の改訂を正面に掲げているのは、北朝鮮や中国の挑発や軍拡との関係で国民世論が軍事的対応支持に傾きやすいと判断してのことだろう。
しかし高齢化、人口減、格差拡大、消費低迷、財政危機など目前にやるべき重大事が多数存在する状況下、国民世論を二分することが間違いない改憲をなぜ今持ち出す必要があるのか、全く理解できない。しかも安保法制や機密保持法を強行した安倍首相の強引な政治手法を見るにつけ、十分な議論や手続きの公正性が確保されるのかも心配になってくる。安倍政権には、まず目前の問題をちゃんと解決することを求めたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック