一夜にして政策態度を変える節操の無さ(9月30日付朝刊1面「民進出身者政策不一致なら小池氏「排除する

民進党が解党してして小池新党に合流する件が混迷の度を深めている。立候補予定者を受け入れる側の小池新党は、その後の報道で、憲法改正反対論者、安倍政権が強行採決した安保法制に反対の候補者は受け入れないと報じられている。民進党はいずれも反対を党の正式方針としていたのではなかったか。であれば、小池新党との合流は、政策・政権構想が一致しないため不可能なはずだが、多くの民進党予定候補者が小池新党から立候補したいとすり寄っているというからあきれる。一夜にしてこんな根本的な問題に対する態度を翻すような議員は、国民の信託を受けて政治を行う資格がそもそもないのではと思わざるをえない。同時にこの一件で透けて見えたのは、小池新党が安倍政権の補完勢力であること。しっかり各党の本質を見抜かないと危険である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック