「過度の権力集中はよくない(8月13日付朝刊5面「変わったのは政官関係か」に思う)」について

過度の権力集中はよくない(8月13日付朝刊5面「変わったのは政官関係か」に思う)」について
コメントありがとうございます。政治不信→無投票は結果的には現状追認ですから、是非だんな様を説得して投票してください。世の中の変化が速くなっていますから、選挙公約は教条的に守り続けるより、臨機応変変えていくべき場合も出てきます。私は状況の変化に対応する、各党の基本姿勢(綱領のようなもの)をしっかり見極めたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

K
2017年10月09日 15:09
お返事ありがとうございます。 少しずつ勉強させていただいています。夫は歯科開業医で、代々からの事業も縮小しながらも続けて来ましたが、後継者がなく(子供なし)私達で廃業となります。世間様が思うほど儲けもなく、そういう仕事はしないポリシーを持った人間だと思います。私は経営には全くタッチせず、口も手も出さず、良心的なスタッフに支えられています。選挙は絶対につれて行きますね。早々に歯科医師医師会から推して欲しいと連絡もきています。それから教育勅語も、祖父が日中戦争で戦死した私としては、同じ考えです。名もなき人々は戦死したり戦犯として苦労したり、同じ戦犯でも現在も表舞台で活躍している人達のご先祖様は罪に問われなかった…そう思うとやりきれません。祖母は再婚もせず二人の子供を育てました(1才の母とお腹にいた叔母)86年の生涯を終えた時に、やっと祖母の戦後が終わったと思いました。しかし、祖母は亡くなる少し前に、天皇陛下の夢を見たと嬉しそうに言いました。寝たきりになる前も夜中に突然、天皇陛下万歳!と叫んだり、君が代を歌ったりでした。みんなでボケたのかと思っていたけれど、そうじゃなかったんだと、洗脳の恐ろしさを改めて思いました。長々と失礼しました。

この記事へのトラックバック