民間ならあり得ない責任回避(3月16日付朝刊4面「書き換え『上からの指示』」に思う)

森友問題で自殺した近畿財務局職員が残したメモの内容が明らかになってきた。やはり、上からの指示で、常識では考えられない書き換えをしていたらしい。麻生大臣は国会答弁で、一貫して「一部の職員がやった」ことと繰り返していた。確かに直接的な事実はそうだろう。上から下まで全職員が書き換えをしていたら、誰が財務省を信じるものか。しかし、おかしいのは、だから自分や総理は直接責任がないという言い訳が、言外に透けて見えること。民間企業で不祥事が起きて、社長や役員が、一部の社員がやったことなどと、会見で言い訳したら、即炎上ものだ。それが政府や国会でまかり通ってしまうところに、日本の政治の甘さがある。ましてや、官僚は記録とルール遵守が命の仕事である。そこで記録の書き換えをやるなんていうのは、自らのよって立つところを否定することになるのではないか。冷静に問題の所在を捉え直して、徹底的な再発防止策を取ってもらいたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック