何とも姑息な文書改ざん(3月11日付朝刊1面「決裁文書は複数存在」にあきれる)

財務省がやっと森友学園問題での決裁文書改ざんを認める方針との報道。決裁文書を改ざんすればばれないとでも思ったのか。それにしても幼稚な対応。というか、財務省という官庁の中の官庁でありながら、何ともいいかげんな文書管理の実態。そのための費用を負担している納税者として、情けないやら、腹立たしいやら。でも文書を改ざんしたということは、そこにやましいことが書いてあったということ。長官の辞任で終わらせず、問題の本質をしっかりえぐり出し、二度と起きないよう対策を取ってもらいたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック