米国に振り回されないために(5月6日付社説「内向きの米国に振り回されるだけでは」に思う)

中間選挙が近づくにつれて、一層保護主義や移民排除などの原点回帰を進めている米国トランプ政権に対して、日本を含む主要国が連携して米国のルール違反を厳しく問い続けるべきとの社説指摘に拍手。中国は二国間協議で米国と堂々と渡り合ったが、先の韓国は安全保障の問題を突きつけられてあえなく敗退。日本も米国に堂々と物申すためには、経済面のみならず、安全保障や国際政治全般について、自分で考え、自分の意見を持ち、自分で行動する習慣をつける必要がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック