露骨な選挙対策、争点隠し(5月23日付朝刊4面「IR基本方針 秋以降に公表」に思う)

政府はカジノを中核とする統合型リゾート(IR)の設置方針公表を秋以降に先送りした。日本で初となるカジノの設置に、候補地の地元で不安の声が高まっているのことが、背景にあると思われるが、夏の参院選でこの問題を争点にしたくないという意図が露骨に透けて見える。
日本は既にギャンブル大国で、競馬や競輪、ボートなどの公営ギャンブル以外に、パチンコが実質的に庶民のギャンブルとして広がっている。この上ギャンブルをさらにエスカレートするカジノまで作る必要はないと思う。
訪日外国人向けという建前もあるが、日本にくる外国人はそんなものは期待していないし、カジノがしたければ他国に行ってもらえばいい。地域振興は、後世に禍根を残さないクリーンな手段で正々堂々やるべきだ。海外出張でギャンブルにのめり込み、身を持ち崩した人を何人も見ている私としては、手軽なところに、日本人も入れるカジノが出来ることは耐え難い。
政府が今回のような露骨な手段で争点隠しをするなら、逆にメディアは候補者や政党に対してIRへの態度を明確に出させ、ひとつの争点としていくべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック