昭和の職場の魂はどこへ(7月8日付朝刊6面「『昭和な職場』と低成長」に思う)

生産年齢人口が増えない日本で、経済成長には生産性向上が欠かせない。しかし、どうすればそれができるかが難しい。今朝のオピニオン欄では、原田論説委員長が、「昭和な職場」を代表する3つの仕組みから脱却することが、生産性向上につながるとしている。3つの仕組みとは、長期雇用、年功賃金、ゆっくりとした昇進である。確かに時代の主役となっているデジタル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more