不公平なら続いてない(7月9日付朝刊6面「真に受けるべき安保批判」に思う)

トランプ大統領が日米安保条約を「不公平」と批判していることについて、これを単なる交渉術と受け流すのではなく、日米同盟強化の方向で関係の見直しを行うべきとの論評。大前提として、日米安保条約は米国側主導で内容が決められ、結ばれたものであり、その後も半世紀以上にわたり続いてきた。もし米国側にそんなに不利な内容だったら、そもそも日米安保条約は生…
コメント:0

続きを読むread more