トランプ氏の点数稼ぎに協力した日本(9月26日付朝刊1面「貿易協定締結で合意」に思う)

日米貿易協定の合意が未明に発表された。協定の文書もできていないのに、公表を急ぎに急いだ印象。日本側は農産品の輸入関税と数量でほぼTPP水準まで譲ったが、米国側は追加関税や数量規制など振り上げた拳を一時的に下ろしただけ。テレビニュースでは、両国が協定を誠実に履行している間は、制限措置は取らないと約束したらしいが、「誠実」というのはグレーな用語だ。男女関係含め、あなたは誠実ではないと、一方的な非難に使われやすい。こうした協定全体を見れば、弾劾手続きや経済の伸び悩みで、大統領選に向けてアピールできる要素がなかったトランプ氏に対し、シンゾーからの贈り物というところだろう。先に報道されたトウモロコシの買い付けのような、裏の口約束が隠れていなければいいのだか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント