事実に基づく見直しが必要(10月8日付朝刊19面「アベノミクス見直しの時」に思う)

確かにアベノミクスは全面的に見直しが必要だ。しかし今朝の大機小機は事実認識を誤っている。「見直しは事実に基づき的確に」、一句できた。まず、円安誘導で輸出型大企業が儲かり、それらの企業の国内投資で投資主導型景気をもたらしたというのは疑問。大企業の内部留保はうなぎ登り、利益の相当部分は投資にも賃上げにも回っていない。労働力人口が増えたのは、…
コメント:0

続きを読むread more