民主主義は秩序たり得るか?(11月10日付朝刊1面「揺らぐ自由・民主主義」に思う)

ベルリンの壁が崩壊して30年。ソ連という国名を知らない若者も多くなった。ベルリンの壁が民衆によって打ち壊される映像を見た時、誰もが自由と民主主義の勝利を疑わなかったが、実は自由と民主主義の試練はそこから始まったと言える。冷戦時代は、ベルリンの壁に象徴されるように移動の自由を阻む壁が、世界の至る所に存在した。東西対立の結果、それぞれの陣営…
コメント:0

続きを読むread more