モノ見る軸をぶらさないこと(3月3日付朝刊19面「誰が米資本主義を変えるか」に思う)

米国大統領選挙の予備選が佳境に入りつつある。共和党はトランプ氏で無風なので、耳目は民主党に集まる。そんな中で、サンダース氏は急進左派で社会主義者と紹介されることが多く、バイデン元副大統領は穏健派と言われる。この形容詞にはかねてより違和感を持っていたが、今朝の大機小機では、ずばりと斬っている。サンダース氏が唱える国民皆保険はまともな民主主…
コメント:0

続きを読むread more