減損会計のあり方に疑問(3月26日付朝刊2面「丸紅、最終赤字1900億円」に思う)

丸紅が資源価格等の下落を理由に、保有する資源権益や事業の巨額減損を計上し、今期史上最大の赤字となる。これから3月末の株価や商品価格が確定すると、同様の発表が増えるだろう。いつも思うのだか、この減損会計というものは、どうも胡散臭い。資産の評価を常に時価ベースで見直すという考え方はいいのだが、為替も株価も商品価格もこれだけ激しく揺れ動く中で…
コメント:0

続きを読むread more