コロナを前に結束できない人類の運命は(5月15日付朝刊10面「台湾、WTO招待状来ず」に思う)

18日から始まるWTO年次総会への招待状が台湾に届いておらず、コロナ対策で先進的な役割を果たした台湾が、対コロナの人類の布陣を整える重要な会議に出られない可能性が強くなっている。共同で人の命を守ろうという目的の組織に、政治的な争いは持ち込むべきではないのは、子供でもわかることだ。資金拠出を停止している米国といい、台湾の締め出しを計る中国といい、人類共通の利益よりも自国の利益を追及する態度は許されない。コロナという人類共通の敵に対峙して、なお結束できない人類に未来はあるのか。人類の明るい未来無くして、自国だけが反映できると思っているのか、よく考えてもらいたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント