もう少し工夫ができないのか?(6月29日付朝刊6面「貧しさ見放す日本の政治」に思う)

やっと全国民向けの10万円の給付金が届いた。自営業の妻の持続化給付金もほぼ同時に入金した。いずれも申請してから一切問い合わせなどは来なかったし、振り込みに対しても通知のようなものは届いていない。思ったのは、何か支給番号のようなものを発行してくれれば、次回同じような手続きがある時に使えるのにということ。それはマイナンバーだろうというならそれでもよし。しかしこの論説の言うところでは、個人情報保護の観点から、今回の申請情報は使えないという。それなら、申請書や画面に、次回申請時もこの情報を使用することを認めますという、☑️欄を作っておけばよかったのに。個人情報の取り扱いに対する不安は確かにあるが、利便性とのバランス次第で、個人の許容範囲も変わってくる。今回の申請でとても便利だったという経験が広がれば、マイナンバーをめぐる議論の迷走も、少しは方向性が見出だせたかも知れないのに。と思う今日この頃である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント