国民の健康が第一になっているか(11月25日付朝刊1面「来月15日まで除外決定」に思う)

Go Toトラベルの見直しが進んでいる。ここまでコロナ感染が広がっている状況下、必要なことだか、どうもスムーズでない。早く止めないと、どんどん勢いが付くのに、政府はギリギリまで言い出さないし、見直しを決めてからも地方自治体の意向徴収や調整に手間取る。挙げ句の果て、感染が大阪や札幌同様拡大している東京都は見直し対象外となっている。除外とか中止を言い出した方が費用負担もという暗黙の了解があるのか、国は地方が自発的に申し出た形にしたいように見えるが、時間だけがどんどん過ぎて手遅れになりかねないこと。危機管理の要諦は、決断を下すべき人に情報を集め、迅速に決断し、全責任を負うこと。首相が発案した施策だからとか、費用負担を詰めてからなどとためらっていたら危機への対処は覚束ない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント