戦争を知らないことを知らない子供たち(開戦の日に思う)

私が子供の頃、「戦争を知らない子供たち」という歌が流行った。当時の子供たちは、戦争の実体験は無くても、戦争を強く意識していた。今日は太平洋戦争開戦の日。日経新聞には関連記事はない。いつまでも戦後を引っ張っている場合か、前を向いて生きろという言い方もできる。しかし、多くの人が望まなかった無謀な戦争に突き進んだ日本の体質は今日も変わっていない。仕掛けた側の日本が忘れても、やられた側はまだ忘れない。日本が忘れかけていると感じたらなおさらだ。
今日、子供だけでなく、大人までもが、戦争を知らないことを知らずに、敵基地攻撃能力保持や、米国との軍事同盟強化の必要性を論じていることに強い危惧を覚える。あの時も、多くの人が、「まさかやるまい」と思っていた無謀な戦争が、いつか「やるしかない」に変わっていた。歴史に学ばない者は、また同じ過ちを繰り返すのは歴史の教訓だ。

安らかに眠ってください。二度と過ちは繰り返しませんから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント