日本はいつ先進国だったのか?(4月9日付朝刊17面「いつの間に後進国になったか」に思う)

大機小機の筆者が、日本はいつの間にか、ワクチン後進国、デジタル後進国、環境後進国、ジェンダー後進国、人権後進国になってしまったのかと嘆いている。しかし、冷静に歴史を振り返れば、日本が本当に先進国になったことがあるのだろうか?
明治以降の殖産興業、国力増強戦略で、戦前の一時期、日本は世界の一等国になったかのような錯覚に陥ったが、敗戦で幻影であったことを思い知らされた。戦後は経済一本で先進国入りを目指し、確かにGDPでは世界最高レベルに達し、ジャパン・アズ・ナンバーワンなどともてはやされたことも。しかし所詮、長時間労働と中小企業の犠牲による大企業中心の「一点豪華主義的」な歪んだ経済発展の結果だったのではないか。
そうであれば、日本は先進国から転落したから戻ろうというのではなく、未だ先進国入りできていないという自覚の下で、しっかりと長期戦略を立てて実行していく必要がある。嘆いているヒマと余裕はないはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント