ずれてませんか?バッハ会長(11月19日付朝刊42面「機運醸成 時期悪く」に思う)

日経の政治や経済面は経済新聞の矜持を保つためか、大本営発表的な記事が多い印象だが、社会面には記者の本音がうかがえる記事が時々掲載されるのが面白い。バッバ会長の来日では、NHKなどが雰囲気の盛り上げに腐心していたが、開催機運が盛り上がっていないのは、この記事の見出しの通りだ。テレビインタビューでは、さかんに観客をどのくらい入れるかという話をしていたが、いまの焦点はそこではないでしょうと思った。感染拡大が止まらない世界各地で、本当にみんなが納得して応援できる代表選手が選べるのか。世界のウイルスを東京に集めて新々型を拡大再生産なんてことにならないか。など、庶民がこころのなかで心配していることを、真面目に検証して、答えを出してくれないと、選手たちには申し訳ないが、心底応援し楽しむ気にはなれない。政府も、竹槍式に、やるぞの一辺倒でなく、多面的にリスク評価を行ってほしい。まさか、一年以内に迫る総選挙勝利には、開催ではずみをつけることが必要などという邪心から、開催にこだわっているのではないとは思うが・・・。

"ずれてませんか?バッハ会長(11月19日付朝刊42面「機運醸成 時期悪く」に思う)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント