テーマ:新卒採用

知を軽視ではもう勝てない(12月8日付朝刊1面「『博士』生かせぬ日本企業」に思う)

企業活動の高度化に伴い、世界の主要国では博士号取得者が増加し、企業も学部卒に比べて高い処遇をしているが、日本だけが例外のようだ。大学進学者はまだ増えているのに、博士号取得者は10年で16%減少。企業も大学での学問内容は入社後あまり役に立たないと、採用面接で研究内容を尋ねないし、処遇も学部卒と大差ない。就職時点で過去をリセットして、企業の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金額の問題ではないが(7月10日付朝刊1面「NEC 新卒年収1000万円超」に思う)

NECがAI技術者などを採り負けないように、新卒研究者に対して1000万円超の年収をオファーするという。企業として外国勢との競争に勝つために必要と判断したということであり、今後もこの流れは続くのではないか。金額も重要だが、「就職」でなく「就社」と言われるように、新卒一括採用した人材を、特定職務に専門化させず、ジェネラリストとして育てる傾…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more