テーマ:コロナ患者把握のシステム化

一事が万事とはこのこと(7月26日付朝刊3面「感染拡大 3つの懸念」に思う)

3つの懸念とは、遅い情報把握、陽性率上昇、入院患者増加のことである。トップにある遅い情報把握が本記事の主題。新型コロナ患者の情報を国と自治体が一元的に管理・共有するための新システムが5月末に稼働したが、新規感染の過半を占める東京と大阪が未参加で、所期の目的を達していない。東京、大阪も移行反対というわけではなく、単に新規感染者対応に手を取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more