テーマ:未来のための財政出動

国費の使い方で未来が変わる(1月20日付朝刊17面「60年ぶりの長期成長戦略」に思う)

新型コロナ対策で各国政府が、かつてない規模の財政出動を強いられている。これが奏効して感染が収束した後に、確実に残るのは膨大な借金。その時に、国の金をどこに投入したかで、未来が違って見えるはずだ。目先の対策に国費をつぎ込んでしまえば、借金と徒労感以外に残らない。しかし、これだけ国費を使うならと、医療や介護の仕組みを根本的に変えたり、205…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more