テーマ:日米貿易協定

対米追従の姿勢こそ討議せよ(10月16日付朝刊4面「日米協定承認案、車関税が焦点」に思う)

日米貿易協定の国会審議が行われている。日本側が農産物輸入関税で、ここまでと決めていたTPP水準まであっさりと譲ったのに対し、米国は自動車や部品の関税引き下げで最後までゼロ回答。結局、将来交渉でその撤廃について議論するとの継続協議で交渉終了となった。日本政府にしてみれば、脅されていた自動車への追加関税はしばらくは発動しないという約束をもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界に恥じない貿易協定を(10月4日付朝刊「日米貿易協定1月発効へ」に思う)

まだ、条文も未確定で署名もされていない日米貿易協定を、開会した臨時国会で承認し、年明け1月にも発効させると、茂木外相の発言だ。なんともせっかちというか、手回しのいいこと。そこまでしてトランプ大統領の再選に協力したいのかと、あきれるばかり。日本は貿易立国だということで、これまで各国・地域と積極的に自由貿易協定を結んできたが、お互い合意すれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはワンサイドゲームだ(9月21日付朝刊4面「日米、自動車巡り最終調整」に思う)

日米貿易交渉が最終調整局面に入り、今週の日米首脳会談で合意、署名される見通しだという。しかし内容を見ると、日本側が一方的に譲っただけで相互性に乏しく、1年先に大統領選挙を控えるトランプ氏に貢物を差し出したようなものだ。米国産農畜産品の対日輸入関税は、TPPの合意水準を上限にする方針で臨んだが、あっさりとこの上限水準まで押し切られ、輸入数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more