テーマ:日米首脳会談

日米選挙同盟に騙されるな(5月27日付朝刊1面「7月の選挙後まで待つ」に思う)

見出しの一言はトランプ大統領のツィートの一部だ。日米貿易交渉について、大部分は7月の日本の選挙後に合意することで、安倍首相の参院選対応を応援することを公然と表明したものだ。日米選挙同盟とでも呼ぶべき公然たる密約で、開いた口がふさがらない。日本の有権者にとって怒りの材料となる日本の譲歩の正式合意は参院選後にして自民党を応援する。来年に控え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

密約は困る(4月29日付朝刊5面「『日本、対米投資4.4兆円』」に思う)

トランプ大統領が演説で「安倍首相はトヨタ自動車など日本企業が、米国に自動車の生産拠点として400億ドルの投資をすると言ってきた」と主張した。安倍首相は公表していない数字だ。トランプ氏はホワイトハウスのインタビューでも「日本は大量の防衛装備品を購入することに合意した」と発言している。トランプ-安倍会談にはどうも不透明性がつきまとう。トラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マフィア並みの忠誠にビックリ(4月23日付朝刊6面「トランプ氏が求める忠誠」に思う)

側近へのFBIの捜査を「これは我が国への攻撃だ」と言い切るトランプ氏が、部下に求める忠誠はマフィア並みであるとのFinancial Timesコメンテーターの指摘に、ここまでかと驚いた。良心の呵責に耐えきれず辞任する幹部が多発、空いたポストが埋まらないのも頷ける。大事なのは、日本がその子分格になって振り回されないこと。こんな恐怖政治は長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演出された蜜月(4月20日付朝刊1面「日米蜜月 迫る試練」に思う)

今回の日米首脳会談は、時間をかけた割には大した合意事項がなかった。ゴルフプレー中も含め、隠された合意があった可能性は否定できないが、双方とも足元が揺らいでいるなかで、どちらかが勝って、どちらかが負ける結果に終わると、関係がジ・エンドになってしまうという事情から、阿吽の呼吸で引き分けに着地したのではないか。そもそも、世界の多極化、米国の孤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米関係 ゼロ地点に戻っただけ(2月12日付朝刊1面トップ「日米で新経済対話」に思う)

日米首脳会談が終わり日本のメディアは概して歓迎・評価ムードだが、振り返って客観的に見つめたら果たしてその通りか? 事前の予想でとんでもない要求を突き付けられるのではないかと恐れていたのが、そこまでの理不尽な要求は無かったということでほっとしているのが正直なところ。尖閣が安保条約5条の対象とか、安全保障関係の確認事項も特に従来の米国政府の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more