アクセスカウンタ

日経読みのひとり言

プロフィール

ブログ名
日経読みのひとり言
ブログ紹介
東京在住、商社勤務、阪神ファン、日経新聞読者歴30年のサラリーマン読者が日経記事に関するひとり言を綴ります。時々は書評、美術、文化、スポーツなどの脱線もあり。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日米同盟には見直しが必要(8月19日付朝刊2面「日米同盟にはさらなる肉付けが必要だ」に思う)
今朝の社説は、日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)が日本側のイニシアチブで開催され、北朝鮮や中国に日米同盟の強固さをアピールする場として機能したと評価しているが、果たしてそうか?防衛省は北朝鮮の脅威を最大限に利用した形で、地上配備型ミサイル防衛システムの導入や憲法上問題があると思われる敵地攻撃能力の検討開始を打ち上げており、米国に対しては日本の軍事的役割分担の拡大を強調している。トランプ政権としては、少し孤立主義的なそぶりを見せれば、日本は必死になって米軍のプレゼンスのつなぎ留めに出てくると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/19 20:35
過度の権力集中はよくない(8月13日付朝刊5面「変わったのは政官関係か」に思う)
安倍内閣が内閣人事局を新設し、官僚人事の決定権を法的に首相官邸に一元化したことで、官僚の自主性が弱まり政治が歪んだのではとの仮説を検証した記事。確かに法的に官僚の人事権が首相に握られたのは、安倍内閣が初めてだが、昔から首相の官僚人への口出しはあった、それでも多様性が保たれたのは派閥政治で与党内の権力も分散していたからで、安倍一強状態が問題の元凶としている。したがって再び政治権力が分散化すれば、官僚も官邸の言いなりではなくなるはずだと結論付けているが、小選挙区制の下で安倍首相でなくとも、与党内の権... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/13 12:28
米朝の火遊びに集団的自衛権は危ない(8月11日付朝刊2面「集団的自衛権で迎撃可」に思う)
米朝の威嚇合戦に対し、防衛大臣が、北朝鮮がグアムに向けてミサイルを発射した場合、日本が集団的自衛権を行使して迎撃する可能性に言及した。米朝の好戦的指導者の応酬は明らかに異常であり、今朝の報道では米議会の数十名の議員がトランプ大統領に自制を求めるという異例の事態になっている。そんな折も折、日本はアメリカを守る盾になりますよとの発言は、どこまでお人好しで命知らずなのか。小野寺防衛相の判断能力と見識が疑われる。仮にミサイルが日本上空を越えていくとしても、それは国際宇宙ステーションの軌道をはるかに超える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 10:25
米朝軍事挑発の応酬こそ危険(8月10日付朝刊3面「ICBM実戦配備 現実味」に思う)
米国と北朝鮮が軍事挑発的な応酬をエスカレートさせている。米国にとって軍事力の先制的な行使は、ソウルを中心とした韓国で何十万人もの死者が出かねないとのシュミレーション結果が出ており、冷静に判断すれば取り得ない選択肢とされているが、頼みとしていた中国の制裁が不発に終わり、苛立ちをつのらせるトランプ大統領が短絡的な行動に出ないことを祈りたい。米国にとって、北朝鮮が開発するミサイル射程の長距離化と核兵器の小型化が進むことで、これまで東アジアの局地的な問題と捉えてきた北朝鮮問題が、俄かに自らの安全保障問題... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/10 14:04
新米大臣とはいえ認識不足はひどい(8月10日付朝刊4面「首相、江崎氏辞任の必要なし」に思う)
沖縄県民が心底待ち望んでいる米軍の撤退や規制強化のカギとなる日米地位協定の見直しについて、8日に見直すべきとの見解を示していた江崎沖縄・北方相が、早々に発言を撤回した。いくら新米大臣とはいえ、許されることと許されないことがある。米軍の横暴を日本の法律で取り締まることができない「不平等条約」となっている現行地位協定の見直しは、沖縄県民の悲願であり、その重要性も内容もわからないような大臣は即刻辞めるべきだ。対外的に発言するなら、まず勉強してからにすべきだし、勉強を始めたら、地位協定の内容や課題はまず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/10 10:56
威嚇は最悪の方策(8月5日付朝刊1面「敵地攻撃能力検討へ」に思う)
改造内閣の発足と同時に首相が防衛大臣に指示した防衛計画の大綱見直しの中で、自衛隊が敵国のミサイル発射基地などを攻撃する敵地攻撃能力の保有の是非を検討する。この場合の敵国がどこを指しているかは誰にも明らかだが、このような「外圧」を理由とした情緒的な議論で、長年維持してきた「専守防衛」の原則を投げ捨てるのは極めて危険だ。力に対して力で対抗するのは、際限のない軍拡と威嚇の連鎖をもたらす最悪の選択であり、何よりも核兵器や長距離ミサイルを開発している隣国を批判する道義的な根拠を失うことになる。威嚇に対して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/05 10:06
なんなんだこのタテマエ社会(7月29日付朝刊1面「統治欠く日本の守り」に思う)
政治をめぐり信じられない事態が続いている。特別防衛監察が異例の防衛大臣聴取を行っても、大臣まで隠ぺい文書の存在が報告されていたかどうか、大臣からどういう指示があったかは、関係者の証言が食い違って明らかにならなかったそうだ。国の防衛を預かる役所内で、しかもその最高レベルのやりとりが本当にそんなものだったら、この国はいくら防衛費をつぎ込んでも守れっこない。先の文科省内の文書調査もしかり、加計学園の特区内での獣医学部新設申請をいつ知ったかということへの首相回答もしかり。誰もがウソとわかることを、タテマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 10:17
対米追従一辺倒見直しの時(7月20日付朝刊社説「『米国抜き』の世界が本当にやってきた」に思う)
日経社説が久しぶりに大胆な問題提起をしたものだと感心したが、中身をよく読むと竜頭蛇尾、というか何でも米国に追従していれば安心という戦後日本の持病から抜け出せていない、がっかりな社説だった。社説が冒頭指摘するように、私たちは「米国抜きの世界」という新しい秩序、いや無秩序にどう向き合えばいいのかを、真剣にゼロベースで考え直さなければならない。安保にしたって米軍に基地提供していれば万一の時は守ってくれるだろうという「誤解」から目を覚ます必要がある。日本の領土に攻撃があっても、米軍は米国の国益に沿って行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/23 13:31
この上雇用流動化はやり過ぎ(7月22日付朝刊3面「経団連フォーラム」に思う)
経団連の夏季フォーラムで、経済政策の加速を求める意見とともに、雇用流動化などの労働市場改革を求める声があがったと報道されている。日本は先進国の中でも労働者の権利保護が手薄で、年休や産休など持っているはずの権利もなかなか行使できない上、会社の不当労働行為には行政の救済が及ばず泣き寝入りが多い。確かに一部の雇用制度は見直しが必要だが、全体のバランスを考えずに、財界の求めに応じて大幅な制度改革を進めれば、ますます働く者の立場が弱くなる懸念が強い。ただでさえ、上場企業は史上空前の利益を享受しているのに、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/23 13:13
いつまで沖縄を捨て石にするのか(7月16日付朝刊社説「国と沖縄はいつまで戦うのか」に思う
米軍普天間基地の辺野古移転をめぐる国と沖縄県の争いが泥沼化している。既に国は新基地の建設工事を始めているが、沖縄県はあらゆる知事権限、訴訟も動員してこれを阻止する構えである。日経社説が指摘するまでもなく、このような状況で基地が完成したとしても、地元県民の支持も協力も得られない基地が、有効に機能するとは思えない。安倍政権は先の都議選でもNOを突きつけられた、その強引な政治手法を改め、一旦工事を中止して沖縄県と話し合うべきだ。もちろん話し合いによって簡単に合意に達するとは思えないが、そもそも先の大戦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 10:04
情けない日本政府の態度(7月8日付夕刊1面「核兵器禁止条約を採択」に思う)
核兵器の開発・使用・保有を禁ずる条約が122の国連加盟国の賛成で採択された。毒ガスや残虐兵器などは既に禁止条約が存在するが、これらよりはるかに強力で放射能汚染により多数の人を苦しめる核兵器が合法で済まされるべきではなく、世界の多くの国が、一部の核保有国にNOの意思を突き付けた意義は大きい。 なのになのに、被爆国日本が、核保有国、とりわけ米国を慮って、会議にも参加せず、署名もしないというのは本当に情けないことだ。核保有国は国際安全保障環境の現実を無視しているという声明を発表したが、俺たちには持つ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 10:28
稲田もトランプも政治家の資格なし(7月1日付朝刊4面「逆風自民危機感」に思う)
相変わらず安倍1強内閣のゆるみと思われる、不祥事やとんでも発言が続いている。稲田防衛相の都議選の応援での失言、自衛隊としても防衛省としてもお願いしますというのは、失言というレベルを超えた失言だ。東北でよかったとかいう類の失言は、表現の綾という側面もあるだろうが、稲田大臣のこの発言は議会制民主主義の基本というか、憲法の基本を全く理解していないから出てきたことが見え見えの発言で、取り消そうが、釈明しようが、自らが大臣や議員の器でないことを露呈したものだ。しかも本人は弁護士だというから、いったい何をど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/02 12:45
個人の趣味で政治は困る(6月25日付朝刊1面「改憲案 秋の臨時国会に」に思う)
何とも唐突な印象がぬぐえない。つい先日までは与野党で現在の憲法に何が足りないかをじっくり討議しましょうと言っていた、その舌の根も乾かないうちに、首相が独断専行で2020年までに憲法九条と高等教育の無償化という具体的内容まで示して改憲を督促。昨日はこれに追い打ちをかけるように、秋の臨時国会期間中に自民党の改憲案を衆参両院の憲法審査会に提出すると首相が発言した。自民党内でもまだ足並みがそろわないのに、この前のめりぶりは何なんだろう。国民の世論も9条の改訂には慎重な意見が多数派だし、高等教育の無償化は... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/25 09:54
これは株価操作だ(6月24日付朝刊1面「日銀、株 買い一辺倒」に思う)
日銀が異次元緩和の一環で日本株への投資を拡大し結果、保有残高が17兆円を突破し、日本株保有額では国内第3位に浮上。上場企業の4社に1社で「安定大株主」になった計算と報じられている。保有額第1位は、これもアベノミクスの一環で日本株の保有比率を高めた年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)だから、日本の株式相場は官制相場もはなはだしい。日経平均株価は先頃2万円を突破したと一部では大騒ぎしているが、みずほ総研の試算では、日銀の買いだけで日経平均株価を最大2千円ほど押し上げたというから、茶番劇も甚だし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 10:22
手続き機関に堕した国会(6月17日付朝刊4面「法案絞り成立率95%」に思う)
今国会が事実上閉幕したが、何ともやりきれない気分は何だろう。国会は国権の最高機関で議決機関だから、最後は圧倒的多数を占める与党の意向が通るのは当然だが、重要なのは議論の過程のはずだ。一定時間の審議さえ行えば多数派が強行採決して自論を通して良いのなら、抵抗勢力は審議を遅らせて会期切れ廃案を狙うしかなくなる。そうではないだろう。国会は世論の動向を密接にウオッチしながら、審議が深まったかどうか、国民の理解が得られたかどうかを判断しながら法案の採否を決めるべきで、誰もが、日経の社説さえも疑問を呈するよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/17 15:26
共謀罪のごり押し本当にひどい(6月15日付朝刊1面「共謀罪法案成立へ」に怒り)
与党は「中間報告」なる奇策を使って共謀罪法案を強行成立させようとしている。本来であれば法務委員会で審議を尽くすために、国会の会期を延長するところだか、もりやかけの問題で追究を受けるのがイヤなので、残った会期で強行という策に出たようだ。共謀罪法案はあいまいな規程が濫用を招く危険が広く指摘されており、国民世論も反対やわからないが多数であり、採決の機が熟したとは言い難い。与党は衆参で多数を占めるから、最後は民主的に多数決で決めて何が悪いというところだろうが、先の選挙で誰が共謀罪の成立を自公に託したか。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 08:45
一発勝負との心中はいやだ(6月13日付朝刊2面「急展開の改憲論議」に思う)
5月の憲法記念日に唐突に始まった改憲への具体的な動き。安倍首相が高い支持率と議席占有率を背景に、一発勝負で仕掛けたものと報じられている。高い支持率は事実だか、誰も憲法改正が優先施策とは思っていない。世論調査を見ても、まずは経済と財政をしっかり建て直してもらいたいという声が圧倒的だ。自らの信念だけで、民意に逆らって突っ走るのは止めてもらいたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/13 08:54
共謀罪法案番外編(TVタックルでのたけしの指摘)
先週のことになるが日曜昼のTVタックルで共謀罪法案を取り上げていた。番組終了間際のたけしの発言が本質を突いていて心に残った。学生運動の時代に知ってる連中がヘルメットと角材を集めていたということで凶器準備集合罪で捕まった。野球用ヘルメットとバットなら捕まらなかったのかという趣旨の発言だったが、国会で審議中の共謀罪法案はまさに、野球用ヘルメットとバットでも何かの意図があったとなれば罪になるし、それをあらかじめ警察が捜査しようとするもの。恣意的運用と冤罪のリスクがあまりに高い。廃案とすべし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 20:13
金で解雇の制度化はまずい(5月30日付朝刊5面「解雇の金銭解決先送り」に思う)
不当解雇された人が職場復帰をあきらめる代わりに企業から解決金を受けとる制度を導入すべきとの議論があるが、日本ではこれはまずい。組合を作ろうとしたり、入ろうとしたりした労働者の不当解雇が横行する日本では、企業が金を使って気にくわない労働者をどんどん解雇する風潮を助長しかねない。不当解雇規制の強化などと一体でないと危ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/30 09:00
支持者に仕打ちトランプ予算(5月24日付朝刊9面「トランプ予算甘い見通し」に思う)
トランプ政権下で初めての予算教書が米議会に提出された。日経見出しのように、インフラ建設や軍事に大盤振る舞いする一方で、大規模減税を行うとしており、常識的には収支のソロバンが合わないところを、経済成長率を3%と高めに見積もり、その結果大幅減税しても、税収の自然増でさほど歳入が減らない前提として、辻褄を合わせている。そんな甘い見通しもさりながら、もっとひどいのは、歳出削減のために医療保険や生活保護など低所得者向け給付のカットが組み込まれていること。トランプ氏を熱狂的に支持したラストベルト地帯の白人労... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 08:42

続きを見る

トップへ

月別リンク

日経読みのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる