消費税上がって年金は先送りじゃ生きていけない(11月30日付朝刊9面の対談を読んで)

エコノミストというのは空の高いところから地上を見下ろしている人種だと思う。どういう意味かと言うと、生活実感が全くない。この対談は、アベノミクスに対する評価では意見が分かれているけれど、結論は財政再建やるべしで、消費税増税の先送りはダメとか社会保障給付はもっと抑制とかいうところでは、意見は一致している。もちろん今の日本の財政状況を見ていると、財政再建は重要だけど、消費税は上がる、給料はそれほどは上がらない、年金は65歳から70歳に先送りでは生活が成り立たない。無理やりやれば生活保護が激増するだけではないか。経済、財政の運営は難しいけれど、ゲーム感覚ではなく、市井の人々の実態に即した議論が必要。まずどうやって実質賃金を上げて、消費拡大、税収増加、企業収益改善という好循環に結びつけるか。今日本で唯一金を持っている大企業にどうやってそれを使ってもらうかを考えて欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック