ネット情報には注意が必要(8月11日付朝刊1面「消えた7億フォロワー」に思う)

SNSの2大勢力であるフェイスブックとツイッターが、偽アカウントの削除に力を入れ始めた結果、1月以降で7億件の偽アカウントを削除したとの報道。巨大なアカウント数があるだろうから一概に偽物が横行しているとは言えないだろうが、トランプ大統領のフォロワーだけでも約30万件あったと聞くと、いったい誰がなんのためにと勘ぐりたくなる。実際に商品やレストランなどの評価を、報酬をもらってやらせで書き込む例も後を絶たない。ネットは確かに便利だが、その情報は簡単に操作されうるということを前提に、真偽の判断や、その情報をどこまで重んじるかは、利用者が慎重に判断しないといけないことを、改めて感じさせられた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック