危機を煽っているのは米国だ(7月11日付朝刊1面「米、日本に協力打診」に思う)

軍事的な緊張が高まっているホルムズ海峡周辺を航行する民間船舶を共同で護衛するための有志連合結成を米国が呼び掛けている。しかしこれは何かおかしい気がする。そもそもイランと各国との核合意をまとめたのは、米国オバマ政権だ。それをトランプ政権が非難するだけでなく、一方的に破棄し、逆に制裁を強化したのが緊張激化の発端となった。欧州諸国や日本は、米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more