I T活用は事務合理化手段ではない(8月14日付朝刊社説「IT利用『負の循環』に終止符を」に思う)

先日の日経記事で、私が三十数年前に習った cobolというプログラミング言語が、まだ企業のシステムで使われていると知り唖然とした。日本企業はIT投資の8割を既存システムの維持運用につぎ込んでいる結果、博物館入りしてもおかしくない旧言語が、未だに現役で使われている。古いものを使うこと自体は、一概に否定しないが、ITシステムの内容が仕事の進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more