株高は金余りの発露(11月5日付朝刊5面「業績悪化、だからこそ株高」に思う)

業績悪化の中身が、先行投資だから、その銘柄は買いなどと自信を持っていえるのは、指摘されている日本電産以外にそうはない。それでも不況下の株高が全世界的に続いているのは、金融資産の増加に実物経済の拡大が追い付かず、余ったカネが、行き場を求めてさまよっているからだ。理屈は何でもいい、それなりのルールが確立されている市場があれば、投機マネーが入…
コメント:0

続きを読むread more