その気になれば道はあるはず(5月13日付朝刊2面「倒産阻む司法の旧弊」に思う)

コロナ禍の下でも倒産件数は低水準。その理由の一端が、裁判所での破産手続きなどが行いにくいことにあるとの記事だ。東京地裁は不急の申し立ては控えるようにとの通知を弁護士会に送り、不急の破産などあり得ないとの批判を受けて軌道修正したとのこと。もちろんコロナ感染防止への配慮は必要だが、法的な手続きは非常に公共性が高く、ここが停滞することは絶対に…
コメント:0

続きを読むread more