他人の自由を抑圧する自由はない(7月3日付朝刊27面「パンデミック時代の正義」に思う)

ハーバード大学のマイケル・サンデル教授はオンライン講演の中で、コロナ危機はモラルの危機でもあり、個人の自由の意味について議論しなければならないと主張。コロナ感染対策について、自分の行動は自由だからと、公共の利益に反する行動を取るべきではないと明快だ。まさにその通りで、自由とは社会の共通の利益を損なわない限りにおいて尊重されるべきものであ…
コメント:0

続きを読むread more