マネーゲームの極致を許すのか(8月13日付朝刊2面「買収目的の『空箱』市場席巻」に思う)

別の会社を買収することだけを約束した会社の上場が相次ぎ、米国で既に51件が190億ドルの資金を集めたという。特別買収目的会社(SPAC)という仕組みだ。上場時には実態がなく、有望な会社を見つけて買収すると、買収された会社が実質の上場会社となる。投資家はSPACの買収先選別能力だけを頼りに資金を託すので、博打に近い。投資先に事欠いて、マネ…
コメント:0

続きを読むread more