年金見直しの要諦(8月24日付朝刊6面「『年金抑制』いっそやめたら?」に思う)

オピニオン欄の論説のこのタイトルを真に受けてはいけない。年金財政を改革するには、ちまちまと給付抑制策を考えるのでなく、一気に給付開始年齢を70歳にしてしまってはどうかという提案だ。当然年金が70歳給付になれば、それまで働いて生活を維持するだけの収入を確保する必要のある人が急増するから、高齢者の雇用環境整備が必須となる。それなしに給付時期…
コメント:0

続きを読むread more