長短だけが問題ではない(1月22日付朝刊4面「野党『首相答弁短すぎ』」に思う)

短くても、簡潔明瞭で中味があればいい。長くでも、じゅげむじゅげむの如く無意味では困る。首相答弁の話である。
野党が30分の質問に、首相答弁10分はないでしょうと抗議したが、お互い無駄な修飾語や無意味な言葉を除いてどれだけ残るかで勝負すべきだ。いまはやりのAIで、意味のある言葉だけ残す翻訳をしたらどうなるだろう。
時々テレビで国会中継を見るが、本当に無意味な回答が多い。炎上を避けて、質問時間が無事に終わってくれればいいということで、当たり障りのない官僚答弁が繰り返される。官僚もその準備で疲弊する。実権を握る政府与党に、国会で野党や有識者の意見を聞き、政策に反映する気がなければ、国会論争はどんどんと形骸化し、民主主義、三権分立の足元は揺らぐ。
コロナ対策、経済対策のあり方、オリンピック開催の是非など、国会論争が真剣に行われれば、どんなニュースや娯楽番組よりも面白そうなテーマが山積している。与野党とも本音のの真剣勝負をする場として、国会を面白くしてもらいたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント