それは危ない!力にチカラ(3月5日付朝刊1面「米軍が対中ミサイル網」に思う)

米軍が中国を抑え込むため、沖縄からフィリピンを結ぶ第一列島線に沿って対中ミサイル網を築く計画との報道だ。中国が脅しに屈して軍拡を止めるとは到底思えないし、むしろ逆だろう。日本やフィリピンなどがこれに加担するのは極めて危険だ。目の前にミサイルを配備されれば、中国は太平洋に出られないばかりか、本土に危害が及ぶと認識して、断固とした対抗措置を取る可能性が高い。米国からすれば、はるか前線で戦いが起きてもすぐに本土に危害が及ぶことはないが、日本や中国、フィリピン、台湾などは、東アジアで衝突が起きれば、直接巻き込まれる可能性が高い。米国の戦略に簡単に乗って、安易にミサイル基地を提供したり、展開に協力したりすることは、絶対に避けるべきだ。力と力の対決は、戦場となる関係国を決して利することはない。軍事力によらない東アジアの平和維持に、日本は最大限の努力を傾注すべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント