テーマ:資本主義の危機

強者の自由は規制が必要(2月26日付朝刊1面「破綻よそに高額報酬」に思う)

この連載を通じて、強いものはより強く、富める者はよりリッチにという、現代資本主義社会の問題点が浮き彫りになった。アダム・スミス以来、経済活動を自由化することで、経済が発展するとの考えに基づいて自由化が進められてきたが、そろそろ臨界点に達しつつある。このままでは資本主義社会自体が墓穴を掘りかねないことは、本日の見出し「資本主義 危機が問う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資本主義生き残りには大胆な構造改革が必要(8月28日付朝刊10面「資本主義に厳しい視線」に思う)

成長の鈍化や若年者の失業増加、格差の拡大など世界に広がる状況を見ると、資本主義が危機に瀕していると言われても違和感はない。社会主義ソ連が崩壊し、資本主義陣営が凱歌を揚げた四半世紀前に誰がこうした状況を予想しただろう。誰もが資本主義が唯一の経済体制として地球を席巻し、それにより豊かな生活がもたらされることを期待した。なのにである、資本主義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more