テーマ:東京五輪開催の是非

世論や国民生活から離れた五輪はない(2月3日付朝刊35面「東京五輪・パラ 必ずやると強調」に思う)

オリパラ組織委員会の森会長の発言が無茶苦茶だ。本日の報道では、「やるかやらないかの議論は放っておいて、どうやるかだ」と発言したとされる。世論の多数は見直しを求めているし、そもそもオリパラは単なる競技イベントではない。世界の人々が平和を願って交流するのが目的の公的なイベントだ。そのトップには、コロナ禍の実情や、世界の準備状況などを踏まえた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

競技だけでない五輪開催の意味(1月27日付朝刊37面「無観客なら開催は可能か」に思う)

IOCが無観客での東京五輪開催に言及した。開催に責任を負う立場で、現下のコロナ感染状況を直視すれば当然のことだ。しかし、中止や再延期はあり得ないとしている点は、いかがなものか。競技に向けて鍛練している選手のことを考えれば、開催できればと願うのは当然だが、世界の人々が集うことで感染が拡大しては本末転倒だ。しかも五輪は世界一を決めるただの競…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more