テーマ:対米従属

トランプ氏の点数稼ぎに協力した日本(9月26日付朝刊1面「貿易協定締結で合意」に思う)

日米貿易協定の合意が未明に発表された。協定の文書もできていないのに、公表を急ぎに急いだ印象。日本側は農産品の輸入関税と数量でほぼTPP水準まで譲ったが、米国側は追加関税や数量規制など振り上げた拳を一時的に下ろしただけ。テレビニュースでは、両国が協定を誠実に履行している間は、制限措置は取らないと約束したらしいが、「誠実」というのはグレーな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孤立の米に追随する日本(3月18日付朝刊7面「米の孤立 事故機問題でも」に思う)

ボーイングの最新鋭機が相次いで墜落した問題で、以前なら真っ先に運行停止などの厳しい対応に踏み切っていた米連邦航空局(FAA)が、出遅れた。まず中国、続いてEUが運行停止を決定し、カナダもこれに続いたところでやっとFAAも追随した。本コラムでは、運行停止を避けるようトランプ大統領の圧力があったことをほのめかしているが、トランプ政権下でFA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more